記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

11 - 20件目 (全4573件中)

特集にあたって

Pharma Medica Vol.38 No.7, 7, 2020

現在,生涯でがんに罹患する確率は,約50%と試算され,2人に1人は,がんに罹るといわれている。近年では,従来の外科治療や放射線...

6 便秘の外科治療とその適応

THE GI FOREFRONT Vol.16 No.1, 31-36, 2020

慢性便秘症に対する外科治療には,高度大腸通過遅延型便秘症に対する大腸切除術,直腸瘤に対する直腸瘤修復術,直腸重積に対するvent...

5 新規便秘薬の特徴とその使い方

THE GI FOREFRONT Vol.16 No.1, 27-30, 2020

近年多くの新規便秘治療薬が承認され医師の選択肢が広がってきた。しかし保険診療では保医発により現在新規便秘薬は通常の既存の便秘...

4 日本の従来の便秘薬物治療の特徴とその効果

THE GI FOREFRONT Vol.16 No.1, 22-26, 2020

近年,新しい作用機序の便秘薬が続々と国内で発売され,便秘症の薬物治療は以前と比べると随分,様変わりしてきた。特に2017年10月に...

3 日常生活指導における便秘治療

THE GI FOREFRONT Vol.16 No.1, 18-21, 2020

慢性便秘症には腸管運動に関与する神経の変化などの内因性と生活環境の変化などの外因性の複数の要因が関与している。したがって,効...

2 慢性便秘症の病態と分類

THE GI FOREFRONT Vol.16 No.1, 14-17, 2020

便秘は消化器診療においてありふれた現象である。便秘は一般的には一定期間に十分な排便がみられない病態と定義される。便秘には急性...

1 便秘の実態(定義と疫学)

THE GI FOREFRONT Vol.16 No.1, 12-13, 2020

『慢性便秘症診療ガイドライン2017』により便秘の定義や診断基準が示された。日本人の便秘有病率は,50歳以下では女性の比率が高いが...

巻頭言

THE GI FOREFRONT Vol.16 No.1, 11, 2020

21世紀に入ってからの医学の進歩は目覚ましく,消化器領域に関してもピロリ除菌による胃潰瘍や胃がんの減少,ウイルス性肝炎の治療薬...

運動しすぎは,アンチ・アンチエイジングなのか

アンチ・エイジング医学 Vol.16 No.1, 46-50, 2020

国民の健康維持・増進を目的とした身体活動量の指標である「健康づくりのための身体活動基準2013」によると,18〜64歳では,生活習慣...