記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

COPD Selected Papers Online main 336105

11 - 20件目 (全59件中)

食事中のAGEsは有害?無害?

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.1, 71-82, 2019

終末糖化産物(AGEs)に関するディベートである。生体におけるAGEsの生成と蓄積は極めて複雑であり,常に一定レベルで生理的に生成し...

マルチトール

アンチ・エイジング医学 Vol.14 No.5, 72-75, 2018

マルチトールやキシリトールなどの糖アルコールは,熱や酸に安定であり,消化吸収されにくく,カルボニル基をもたないことから糖化反...

AGハーブMIX

アンチ・エイジング医学 Vol.14 No.5, 49-56, 2018

糖化ストレス(glycative stress)とは,グルコースなどの還元糖やアルデヒド負荷に起因する生体ストレスと,その後の糖化最終生成物...

2.各論 3)糖尿病と血管内皮細胞障害

高尿酸血症と痛風 Vol.26 No.1, 48-52, 2018

糖尿病における血管内皮細胞障害は糖尿病血管合併症に先行して生じる。糖尿病を発症して生じる高血糖が原因となり,糖化,AGE/RA...

ライソゾーム酸性リパーゼ欠損症

The Lipid Vol.29 No.1, 4-9, 2018

ライソゾームは細胞内小器官であり,不要となった組織や細胞の構成成分を取り込んで加水分解する働きをもつ.ライソゾーム病はライソ...

TERMIS-EU 2017 ダボスにて

再生医療 Vol.16 No.4, 78-79, 2017

TERMIS(Tissue Engineering & Regenerative Medicine,International Society)European Chapter Meeting が6月にスイスのダボスに...

糖化ストレス:AGEsと心血管障害

Glycoxidative stress : AGEs and cardiovascular disease

Angiology Frontier Vol.14 No.3, 23-29, 2015

「Summary」慢性的な高血糖状態や炎症,酸化ストレス下では,糖による蛋白質,脂質,核酸のアミノ基の非酵素的糖化反応が進み,循環...

AGEs-RAGE系と疾患

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.5 No.3, 8-17, 2015

「血中AGEsの値から推測される不安定プラークの存在」山岸:高血糖状態が続くと,血中や組織において終末糖化産物(advanced g...

臨床 心筋虚血ガイドに基づくPCI

Myocardial ischemia guided PCI

CARDIAC PRACTICE Vol.26 No.3, 33-37, 2015

「はじめに」本来,冠動脈インターベンションの治療目標は心筋虚血の解除であり,虚血の存在しない,あるいは虚血が明らかではない病...

総論

CARDIAC PRACTICE Vol.26 No.3, 17, 2015

PCIはデバイスの進歩と経験の蓄積を原動力として著しい進歩を遂げてきたといわれているが,imaging modalityもPCIの進歩に大きく寄与...