記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

11 - 20件目 (全66件中)

VTEの急性期治療

Cardio-Coagulation Vol.4 No.4, 45-48, 2018

近年,疾患啓発や画像診断の進歩に伴い,肺塞栓症(pulmonary embolism:PE)あるいは深部静脈血栓症(deep vein thrombosis:DVT)...

静脈血栓と災害医療

Pulmonary Hypertension Update Vol.3 No.2, 67-73, 2017

―災害時の血栓形成とCTEPHの関連性について教えてください。災害時に発生する急性肺塞栓症(pulmonary embolism:PE)の主な原...

抗⅕a活性

Cardio-Coagulation Vol.4 No.3, 42-47, 2017

直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)として,わが国では現在,非弁膜症性心房細動に対して直接トロンビン阻害薬のダビガトラン,Ⅹa阻害薬...

7.新規抗凝固療法と凝固線溶系バイオマーカー

New anti-coagulation therapy and biomarkers for coagulation/thrombolysis

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 59-65, 2016

「Summary」深部静脈血栓症(DVT)と肺血栓塞栓症は1つの連続した病態と考えられており,両者を合わせて静脈血栓塞栓症(VTE)と呼ば...

6.静脈血栓塞栓症に対するNOAC/DOAC治療の課題と展望

Treatment of VTE with NOAC/DOAC : current issue and future perspective

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 50-58, 2016

「Summary」静脈血栓塞栓症(VTE)の治療の第一選択は抗凝固療法であり,従来から日本では未分画ヘパリンとワルファリンが使用されて...

6.脈管疾患におけるCT検査の役割

The role of computed tomography for vascular disease

Angiology Frontier Vol.15 No.1, 46-54, 2016

「Summary」CT検査は比較的簡便で侵襲が低く,かつ短時間で広範囲の領域を客観的に評価できることから,脈管疾患における日常診療に...

特集にあたって

Angiology Frontier Vol.15 No.1, 14, 2016

脈管疾患の罹患率は,年齢とともに増加します。年代別死因をみると,悪性新生物は50~70代までは男女ともに第一位であるのに対して,...