記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

11 - 17件目 (全17件中)

肺がんにおけるBRAF変異の重要性

BRAF mutations in lung cancer.

Pharma Medica Vol.31 No.11, 15-18, 2013

[はじめに] 肺がんでは, EGFR遺伝子変異を端緒として融合遺伝子を含む複数のdriver mutationが発見され, KRAS, BRAF, MAP2K1, ERBB2...

抗血管新生薬の開発

血管医学 Vol.13 No.1, 11-17, 2012

「Summary」腫瘍血管は正常の血管と病態生理学的に大きく異なる. 血管新生の異常が悪性腫瘍において重要であることが近年の基礎的研...

第3回優秀演題論文集 Session6 新規血管新生阻害薬BIBF1120の肝細胞癌に対する有用性評価と薬力学的バイオマーカーの開発

The Liver Cancer Journal Vol.3 No.2, 70-71, 2011

はじめに  現在,さまざまな血管新生阻害薬の臨床開発が進行中であるが,肝細胞癌に対してソラフェニブはその臨床的有効性...

バイオマーカーを利用したがん分子標的薬の臨床研究

大腸癌FRONTIER Vol.2 No.1, 28-31, 2009

「Summary」 がん分子標的薬は大腸癌においても標準的治療の一角を占めるようになった. 分子標的薬の使用においてはバイオマーカーを...

第3回 癌の分子標的治療とバイオマーカー研究

Frontiers in Gastroenterology Vol.13 No.4, 58-63, 2008

「はじめに」分子標的治療薬が臨床に登場して数年が経過し, 癌患者の治療が大きく進歩している. 新規分子標的治療薬の出現により, バ...

トランスレーショナル研究と分子標的治療薬の根拠

大腸癌FRONTIER Vol.1 No.3, 17-22, 2008

「Summary」 大腸癌をはじめとして, 種々のがん種において分子標的治療薬が標準的治療の一翼を担うようになってきている. これら分子...