記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

11 - 20件目 (全31件中)

肺炎球菌の細菌学的特徴

up-to-date 子どもの感染症 Vol.4 No.2, 20-24, 2016

肺炎球菌はヒト,とくに小児の上咽頭の常在菌として生息し,その一方,中耳炎,肺炎,菌血症/敗血症,髄膜炎などの原因菌となる1)....

小児急性中耳炎診療のポイント

up-to-date 子どもの感染症 Vol.4 No.1, 52-57, 2016

「小児科における急性中耳炎診療のポイント」――小児急性中耳炎は耳鼻咽喉科だけでなく小児科でもよく遭遇する疾患ですが,診断...

肺炎球菌ワクチン療法;その考え方

Preventive strategy of pneumococcal vaccines

THE LUNG perspectives Vol.24 No.2, 58-62, 2016

「Summary」肺炎球菌は,乳幼児の鼻咽頭に高頻度に保菌されており,中耳炎や肺炎,侵襲性肺炎球菌感染症などの発症や水平伝播に重要...

日米の小児感染症診療の現状と展望

up-to-date 子どもの感染症 Vol.3 No.2, 4-11, 2015

「日本および北米における小児感染症診療」尾内:本日は,日本と北米での小児感染症治療の違い,今後の展望についてトロント大...

2.侵襲性肺炎球菌感染症

Invasive pneumococcal disease

Surgery Frontier Vol.22 No.3, 13-16, 2015

「Summary」肺炎球菌は,濃厚接触時に飛沫感染などにより感染し,小児と高齢者を中心に感染症を発症するが,特に,本来無菌であるべ...

(講演)JANIS(サーベイランスのやり方と意義) JANISデータ解析からみたわが国の薬剤耐性菌の現状

第26回日本臨床微生物学会総会・学術集会シンポジウム3 2015年1月31日(土)

感染症道場 Vol.4 No.2, 55-57, 2015

「JANIS検査部門の還元情報」JANIS検査部門は,誰でも閲覧できる公開還元情報として,特定の耐性菌分離患者数と全医療機関の分離率分...

インフルエンザ菌

感染症道場 Vol.4 No.2, 25-30, 2015

「はじめに」インフルエンザ菌(Haemophilus influenzae)は,主に呼吸器や耳鼻科領域および中枢神経系の感染症の原因となる細菌であ...

肺炎診断への網羅的細菌叢解析

感染症道場 Vol.4 No.2, 9-15, 2015

「はじめに」肺炎とは,肺実質に急性に起こった感染症である。多くは発熱,咳嗽,痰,呼吸困難,胸痛などの症状を呈し,白血球増加,...