記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

11 - 20件目 (全331件中)

呼吸器感染症の迅速診断法について

インフルエンザ Vol.20 No.4, 23-32, 2019

呼吸器感染症における迅速診断キットはPOCT(point of care testing)のひとつであり,その結果から病原診断が可能であり,治療方針...

バロキサビル マルボキシルの是非

インフルエンザ Vol.20 No.4, 7-13, 2019

河岡(司会) 2018年に発売が開始されたバロキサビル マルボキシル(以下バロキサビル)について,さまざまな立場の先生方に...

小児呼吸器感染症に関する最近の話題

up-to-date 子どもの感染症 Vol.7 No.1, 32-35, 2019

近年,インフルエンザ菌b型(Hib)ワクチン普及により,髄膜炎を主体とする侵襲性インフルエンザ菌感染症は激減しました.ただ,呼吸...

NCI・NIH満屋研究室:HIV・AIDS治療薬の研究・開発

HIV感染症とAIDSの治療 Vol.10 No.1, 69-76, 2019

AIDSという致死的な未知の病を相手にして挑んだNCIの1研究室で,世界で最初のHIV感染症/AIDS治療薬ジドブジン(AZT)が免疫学・ウイ...

抗HIV治療における長期作用型薬剤

HIV感染症とAIDSの治療 Vol.10 No.1, 39-51, 2019

長期作用型薬剤はHIV治療において最も重要な「内服率問題」を劇的に解決する可能性がある。2019年時点では「cabotegravir(筋注)+r...

AIDS治療のこの35年を振り返り,次の10年,20年へ

HIV感染症とAIDSの治療 Vol.10 No.1, 4-18, 2019

満屋 2010年の『HIV感染症とAIDSの治療』の創刊以来,10年が経過しました。当時と比べてHIV感染症治療の原則が大きく変わっ...

第5回 癌微小環境に基づいた乳癌治療

CANCER BOARD of the BREAST Vol.5 No.2, 30-32, 2019

乳癌は,女性の癌のなかで世界では2番目に死亡の多い癌である。サブタイプに基づいた周術期薬物療法の進歩に伴い予後は改善してきて...

ER mutation/ctDNA

がん分子標的治療 Vol.17 No.1, 77-81, 2019

ESR1遺伝子突然変異は,近年の遺伝子シーケンシング技術の発展に伴い明らかになった重要なホルモン療法耐性化機序の1つであ...