記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

11 - 20件目 (全41件中)

(座談会)わが国発の心不全における利尿薬基礎研究

Fluid Management Renaissance Vol.5 No.4, 7-14, 2015

心不全における利尿薬投与は臓器うっ血の改善が主な目的であり,ACE阻害薬,ARB,さらにβ遮断薬のように心血管保護作用が十分に検討...

特集にあたって

Fluid Management Renaissance Vol.5 No.4, 6, 2015

利尿薬は,心不全の臓器うっ血に基づく呼吸困難,浮腫などの症状を軽減するために最も有効かつ不可欠な薬剤であり,実際心不全患者の...

心血管磁気共鳴イメージングによる冠動脈狭窄の検出

Cardio-Renal Diabetes Vol.4 No.3, 4-6, 2015

冠動脈疾患は冠動脈狭窄病変の検出あるいは負荷時の心筋血流の低下の描出によって診断されている。心筋血流イメージによる虚血評価の...

PARADIGM-HF試験

CARDIAC PRACTICE Vol.26 No.2, 64-66, 2015

駆出率が低下した心不全(heart failure with reduced ejection fraction:HFrEF)の標準治療としては,生命予後の改善を目指して,A...

心不全に対する血液浄化療法 論点

Fluid Management Renaissance Vol.5 No.1, 77, 2015

心不全では,過剰な体液貯留により臓器うっ血を生ずる。心不全における過剰な体液を除去する第一選択はループ利尿薬であるが,各種利...

心不全治療における水利尿薬とNa利尿ペプチド

Fluid Management Renaissance Vol.4 No.3, 95-100, 2014

[Q1 日常臨床において, トルバプタンを投与することの多い病態を次のうちからお選びください. (複数回答可)] (1)急性肺水腫 (2)慢性...

(座談会)高血圧・心不全治療における利尿薬を見直す

Fluid Management Renaissance Vol.4 No.3, 7-14, 2014

近年, 利尿薬は浮腫改善のみならず降圧効果においても見直されている. 『高血圧治療ガイドライン2014』(JSH 2014)においても少量利尿...

特集にあたって

Fluid Management Renaissance Vol.4 No.3, 6, 2014

心不全では, 過剰な体液貯留により全身の臓器うっ血が生ずる. 過剰な体液を除去するための第一選択薬は利尿薬である. 心不全治療薬と...

TOPCAT

CARDIAC PRACTICE Vol.25 No.3, 91-93, 2014

数多くの大規模臨床試験によって「左室駆出率が低下した心不全Heart failure with reduced ejection fraction (HFrEF)」に対する薬物...

心不全患者数は世界的に増加している:心不全の疫学

Pharma Medica Vol.31 No.5, 9-14, 2013

「はじめに」 生活習慣の欧米化に伴う虚血性心疾患の増加, 高齢化による高血圧や弁膜症患者の増加といった, 循環器疾患における疾病...