記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

11 - 20件目 (全46件中)

第10回 インフルエンザ脳症の最新知見

インフルエンザ Vol.18 No.1, 49-52, 2017

季節性インフルエンザは,咽頭痛,鼻汁,鼻閉,咳,痰などの気道炎症症状を主徴とし,発熱や悪寒,倦怠感,筋肉痛などの全身症状をと...

オセルタミビルを使用して15年

インフルエンザ Vol.18 No.1, 31-36, 2017

柏木(司会):インフルエンザの治療は,1998年にアマンタジンが抗インフルエンザ薬としてA型インフルエンザに認められましたが,長...

インフルエンザ迅速診断キットの性能について

インフルエンザ Vol.17 No.2, 43-50, 2016

わが国ではインフルエンザウイルスの診療には抗インフルエンザ薬の早期投与が行われており,迅速診断キットは重要な役割を担っている...

インフルエンザの細胞培養ワクチンについて

(2015年11月27日(金) 於・東京)

インフルエンザ Vol.17 No.2, 7-13, 2016

「細胞培養季節性インフルエンザワクチン開発推進の背景」河岡(司会):本日は,インフルエンザの細胞培養ワクチンの現状につ...

インフルエンザの診断法

インフルエンザ Vol.17 No.1, 39-42, 2016

「インフルエンザの診断の意義」以前にもこの連載で触れましたが,多くのウイルス性感染症には専用の治療薬が存在しません.したがっ...

第6回 H5N8亜型高病原性鳥インフルエンザについて

インフルエンザ Vol.16 No.3, 57-60, 2015

今回の連載では,当初の予定を変更して,昨冬に国内外の養鶏や野鳥で発生がみられたH5N8亜型高病原性鳥インフルエンザについて,最新...

第12回 インフルエンザウイルス研究の最前線

インフルエンザ Vol.16 No.3, 17-21, 2015

東京大学医科学研究所感染・免疫部門ウイルス感染分野では,ウイルスが疾病を引き起こす機構を解明するために,インフルエンザウイル...

第5回 抗インフルエンザ薬の過去・現在・未来

インフルエンザ Vol.16 No.2, 47-49, 2015

「抗インフルエンザ薬の歴史」1928年に発見されたペニシリンをはじめとする抗生物質が,多くの細菌性感染症に対して治療効果をあげて...