記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

11 - 20件目 (全67件中)

膵IPMNの経過観察

Pharma Medica Vol.35 No.1, 13-18, 2017

膵管内乳頭粘液性腫瘍(intraductal papillary mucinous neoplasm;IPMN)に関して,2006年に国際診療ガイドライン(GL 2006)1)が,2012...

人工甘味料の落とし穴~消化管との関係から~

アンチ・エイジング医学 Vol.12 No.5, 83-87, 2016

「ノンカロリー人工甘味料とは」ノンカロリー人工甘味料(non-caloric artificial sweeteners:NAS)が注目されるようになったのは,...

生体イメージング

再生医療 Vol.15 No.3,19-36, 2016

「はじめに」生体内には200種類にも及ぶ細胞が存在する。これらの細胞は,それぞれが適切な場所に適切なタイミングで移動・遊走し,...

「希望のつくり方」玄田有史 著

Practice of Pain Management Vol.6 No.4, 66-67, 2015

―Hope is a Wish for Something to Come True by Action.慢性疼痛では手術や注射のような「してもらう」治療ではなく,患者自...

骨髄腫の腎障害~成因の多様性,MGRSの意義を含めて~

Myeloma-related kidney disease:the variety of light chain in renal pathology including MGRS.

Pharma Medica Vol.33 No.12, 27-31, 2015

「Ⅰ.骨髄腫と腎障害の頻度と歴史」骨髄腫の腎障害は,骨髄腫診断事象の1つであり1),commonな合併症である。新規発症の骨髄腫の2~...

腸内細菌と消化管障害

The relationship between intestinal microbiota and gastrointestinal dysfunction.

Pharma Medica Vol.33 No.10, 55-59, 2015

「はじめに」腸内細菌は文字通り腸管内に生着している細菌群であり,ヒトの腸管における100兆個以上ともいわれる総細胞数は,ヒトの...

骨の4Dイメージング 第2回 骨のライブイメージング最前線

Frontiers in intravital bone imaging

O.li.v.e.―骨代謝と生活習慣病の連関― Vol.5 No.3, 66-69, 2015

骨の4Dイメージング技術は,生体骨組織内のさまざまな細胞の「動き」や「相互作用」,「分化」,「機能」をリアルタイムで観察するこ...

統合失調症の早期発見・介入の意義

精神科臨床 Legato Vol.1 No.2, 12-15, 2015

統合失調症の発症は陽性症状が発症の閾値を超えたことにより定義されるが,陽性症状が閾値下であっても,陰性症状が深刻な場合や他の...

2 日本と欧米におけるバレット食道の内視鏡診断の違い

THE GI FOREFRONT Vol.11 No.1, 15-18, 2015

バレット食道の内視鏡診断においてEGJの同定が最も重要であるが,日本では柵状血管下端,欧米では胃粘膜ひだ上縁をEGJのlandmarkとす...

慢性胃炎への除菌適用後1年を経過して:何が変わったのか

THE GI FOREFRONT Vol.10 No.2, 49-59, 2014

「1 慢性胃炎に対する除菌例数の増加について」浅香:2013年2月に「H.pylori感染胃炎」いわゆる慢性胃炎に対する除菌が保険...