記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

11 - 20件目 (全141件中)

DOACとフレイル患者

Cardio-Coagulation Vol.5 No.2, 20-24, 2018

人間が高齢化する際に,フレイルという状況に陥ることは誰しも避けられない。フレイルとは身体的・精神的・社会的に外的負荷への対応...

DOACと薬物アドヒアランス

Cardio-Coagulation Vol.5 No.2, 13-19, 2018

非弁膜症性心房細動に対する抗凝固療法は,直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)の登場により選択肢が広がった。DOACはワルファリンと比較...

DOACが突きつけた課題

Cardio-Coagulation Vol.5 No.2, 6-12, 2018

心原性脳塞栓症の予防には,これまで半世紀近くワルファリンがほぼ唯一の選択肢であった。しかし近年,直接作用型経口抗凝固薬(DOAC...

エドキサバンの長所と短所

Cardio-Coagulation Vol.5 No.1, 33-39, 2018

エドキサバンは3つの適応症(非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症の発症抑制,静脈血栓塞栓症の治療及び再...

リバーロキサバンの長所と短所

Cardio-Coagulation Vol.5 No.1, 22-26, 2018

心房細動に伴う血栓塞栓症の予防において,抗凝固療法は必須の治療である。直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)のなかで2番目に登場した...

VTEの急性期治療

Cardio-Coagulation Vol.4 No.4, 45-48, 2018

近年,疾患啓発や画像診断の進歩に伴い,肺塞栓症(pulmonary embolism:PE)あるいは深部静脈血栓症(deep vein thrombosis:DVT)...

潜因性脳梗塞における無症候性心房細動の検出と治療

Cardio-Coagulation Vol.4 No.4, 21-26, 2018

潜因性脳梗塞(cryptogenic stroke)の大部分は塞栓源不明脳塞栓症(ESUS)と考えられ,その塞栓源のなかで最も重要と考えられるのが...

第39回日本血栓止血学会学術集会

Cardio-Coagulation Vol.4 No.3, 54-55, 2017

循環器領域における抗凝固療法の関連事項で本学会にて注目されていたのは,「直接トロンビン阻害薬ダビガトランの中和薬(イダルシズ...

抗⅕a活性

Cardio-Coagulation Vol.4 No.3, 42-47, 2017

直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)として,わが国では現在,非弁膜症性心房細動に対して直接トロンビン阻害薬のダビガトラン,Ⅹa阻害薬...

抗凝固療法中や抗血小板療法中の消化管出血

Cardio-Coagulation Vol.4 No.3, 31-37, 2017

抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)は小腸粘膜障害を増悪させ,上部に加えて下部の消化管出血のリスク因子となる。また,抗血栓薬の多剤...