記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

総説「脳腫瘍関連てんかんの薬物療法」

11 - 20件目 (全17813件中)

9.フレイル予防・介入法(運動・栄養・その他)

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.2 No.1, 56-64, 2018

フレイルは可逆性があるため,早期発見と,適切なタイミングでの予防や介入が重要である。身体的フレイルの予防・介入の中心は運動と...

8.薬剤とフレイル

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.2 No.1, 51-55, 2018

高齢者は多病ゆえに多剤服用となり,薬物有害事象や服薬アドヒアランス低下などの問題を起こしやすい。そのなかでも薬剤によるフレイ...

7.整形外科領域とフレイル

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.2 No.1, 45-50, 2018

フレイルは,身体的,精神心理的,社会的脆弱性を含む多面的な概念であるが,身体的虚弱の占めるウエイトは大きく,整形外科領域の疾...

6.フレイルと生活習慣病などの疾患との関わり

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.2 No.1, 37-44, 2018

糖尿病はインスリン抵抗性や炎症,高血糖などを介して身体的フレイルを発症または進展させると考えられるが,血糖コントロール状態(...

5.オーラルフレイル―新概念から何を伝えるのか―

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.2 No.1, 30-36, 2018

超高齢社会が進む中で,いかに自立度を高く維持するためには,フレイルの概念の下,低栄養を背景とするサルコペニア対策が急務である...

4.社会的フレイル

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.2 No.1, 25-29, 2018

高齢者においては社会的環境がその予後に大きな影響を及ぼしているにもかかわらず,社会的フレイルの定義に関してはコンセンサスがま...

3.コグニティブ・フレイル

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.2 No.1, 21-24, 2018

コグニティブ・フレイルはIANA/IAGGが2013年の国際コンセンサスカンファレンスで操作的に定義したものであり,①身体的フレイルと認知...

2.フレイルの概念・診断

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.2 No.1, 13-20, 2018

フレイルとは,老いの過程の中で現れる脆弱な状態を表す用語であり,些細なストレスに対し,それに見合わない健康状態の増悪が起こり...

1.日本における介護予防とフレイル

日本サルコペニア・フレイル学会雑誌 Vol.2 No.1, 6-12, 2018

今後のわが国の人口学的特徴として後期高齢者の著しい増加が見込まれている。後期高齢者は容易にフレイルとなりやすく,早期の対応が...