記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

19841 - 19850件目 (全20661件中)

食後高脂血症の治療

―食事療法―

The Lipid Vol.18 No.4, 60-64, 2007

動脈硬化の発症には,さまざまな危険因子(高脂血症,高血圧,糖尿病,肥満など)が関与している.高脂血症の中でも,高トリグリセリド血症は...

レムナントとポックリ病

The Lipid Vol.18 No.4, 55-59, 2007

心臓突然死(ポックリ病)症例の血中脂質分画では,レムナントリポ蛋白が異常高値を示した.単離したレムナントリポ蛋白分画をブタ冠動脈...

レムナントリポ蛋白の動脈硬化発症機序

The Lipid Vol.18 No.4, 47-54, 2007

動脈硬化発症ならびに進展にかかわる最も重要なリポ蛋白として,従来考えられてきた酸化LDL以外に,血中に存在するレムナントリポ蛋白...

冠動脈硬化症と食後高脂血症

The Lipid Vol.18 No.4, 41-46, 2007

高脂血症(脂質異常症)は動脈硬化性疾患の大きな危険因子の一つであるが,これまでその診断はいわゆる「早朝空腹時」に行うのが一般的...

レムナントとメタボリックシンドローム

The Lipid Vol.18 No.4, 35-40, 2007

メタボリックシンドローム(Mets)の成因は過栄養および運動不足などの生活習慣の乱れから生じる内臓脂肪蓄積と,それにより惹起するイ...

アポ蛋白B48含有リポ蛋白の脂肪負荷時の動態

The Lipid Vol.18 No.4, 31-34, 2007

アポ蛋白B48は腸管で吸収された脂質を運搬するリポ蛋白の主要構成リポ蛋白である.アポB48の動態は小腸由来のリポ蛋白の代謝を知る上...

食後高脂血症の診断

―食前値からの推測も含め―

The Lipid Vol.18 No.4, 25-30, 2007

近年,食後に増加するリポ蛋白と動脈硬化発生との関連性が注目されはじめ,食後高脂血症という疾病概念は,こうした素地をもとにして生...

食後高脂血症と虚血性心疾患

―疫学調査―

The Lipid Vol.18 No.4, 20-24, 2007

日本の地域住民11,000人のコホート研究において,非空腹時トリグリセライド値が,HDLコレステロール値とは独立して虚血性心疾患発症と...

新しいタイプの家族性高コレステロール血症

The Lipid Vol.18 No.3, 70-74, 2007

優性遺伝形式の高コレステロール血症の3番目の遺伝子が明らかになった. 家族性高コレステロール血症を引き起こすLDL受容体, 類似の病...