記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

19761 - 19770件目 (全20540件中)

不整脈とサーカディアンリズム

血管医学 Vol.8 No.4, 59-64, 2007

「Summary」 不整脈の検査ならびに治療の際に用いるデバイスの進歩に伴って, 多くの不整脈に特有のサーカディアンリズムがあることが...

時計遺伝子による脂肪細胞機能の調節

血管医学 Vol.8 No.4, 41-47, 2007

「Summary」 肥満者(BMI25以上)の数は年々増加しており, それとともにさまざまな生活習慣病患者の数も増加している. 肥満者ならびに...

血管新生のサーカディアンリズムと時間治療学

血管医学 Vol.8 No.4, 33-39, 2007

「Summary」 血管新生とは, 既存の血管から新しい血管が形成されるプロセスのことであり, 固形癌など種々の疾患における病態の進行と...

血圧・脈拍の日内変動における体内時計の役割

血管医学 Vol.8 No.4, 27-32, 2007

「Summary」 血圧・脈拍の日内変動の制御機構における体内時計の役割については多くの研究がなされてきたが, その大部分は生理学的手...

体内時計の分子メカニズム

血管医学 Vol.8 No.4, 11-18, 2007

「Summary」 概日時計機能は地球上のほとんどすべての生物に内在し, 多様な生理現象にみられるサーカディアンリズムを制御している. ...

【Overview】循環器系のサーカディアン調節

血管医学 Vol.8 No.4, 7-9, 2007

「はじめに」 本号の血管医学では「循環器系のサーカディアン調節」という特集を組ませていただいた. 1997年に, 哺乳類で初めて体内...

ドラッグデリバリーシステム(DDS)と血管

血管医学 Vol.8 No.3, 89-93, 2007

ドラッグデリバリーシステム(DDS)は, 薬剤の理想的な投与形態として, さまざまな疾患に対する治療応用が進められている. なかでも, ...

血管の生理と病態モデル 4.血管傷害モデル

血管医学 Vol.8 No.3, 63-68, 2007

動脈硬化や術後再狭窄予防などの研究において, 動物に対する血管傷害モデルは重要な研究ツールである. 血管傷害術はブタやイヌ, ウサ...