記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

19761 - 19770件目 (全19844件中)

低酸素応答の分子機構

血管医学 Vol.7 No.4, 7-12, 2006

細胞は, 酸素濃度の低下に応じてさまざまな遺伝子の発現を活性化させる. その結果, エネルギー代謝経路の切り替えや血液による酸素供...

SPring-8による微小循環構築イメージング

血管医学 Vol.7 No.3, 83-89, 2006

SPring-8(Super Photon ring-8 Gev)は, 世界最高輝度の放射線を発生することができる. 放射光の特徴は, (1)明るいこと, (2)X線から赤...

腎疾患とプロスタサイクリン

血管医学 Vol.7 No.3, 73-82, 2006

プロスタサイクリン(PGI2)は, 血管拡張や血小板凝集抑制により, 血栓や血管収縮の予防に臨床応用されている. 今日では, 臓器の恒常性...

NOを操り,血管病を制御する

血管医学 Vol.7 No.3, 61-71, 2006

血管内皮細胞で産生される一酸化窒素(NO)は, 血管内皮機能を担うキーメディエーターである. NOは, 血管を弛緩して血流と血圧をコント...

慢性血管病としての透析

血管医学 Vol.7 No.3, 53-60, 2006

60歳代半ばに始まる透析ライフは20年, 30年と長寿化している. その透析ライフの約半数は, メタボリックシンドロームと同じく心臓死で...

ショック病態の標的としての血管

血管医学 Vol.7 No.3, 35-42, 2006

ショックのなかでも分配性(血管拡張性)ショックに含まれる敗血症性ショックでは, 血管系, 血管内皮細胞は病態形成に重要な役割を果た...

炎症隔離分子としてのトロンボモジュリン

血管医学 Vol.7 No.3, 19-25, 2006

生体のあらゆる臓器に分布し, その機能維持に必要不可欠な役割を演じている血管の内腔表面を被覆している血管内皮細胞は, 常に血液と...

【Overview】血管炎のオムニバス

血管医学 Vol.7 No.3, 7-10, 2006

はじめに代えて:特集の心とねらい オムニバス(英:omnibus)の意味をWeb百科事典Wikipedia"に準拠して定義すると次のようになる.