記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

19371 - 19380件目 (全20035件中)

薬物投与による排尿障害

排尿障害プラクティス Vol.14 No.4, 60-66, 2007

すべての薬物は, 薬理作用として治療目的である「主作用」と, 目的外, 不必要または障害となる「副作用」の両方をもつ. 現在のところ...

認知症における排尿障害

排尿障害プラクティス Vol.14 No.4, 53-59, 2007

認知症の原因として, 血管性認知症, レビー小体型認知症, アルツハイマー病がある, 各タイプにより出現時期が多少異なるが, 多くの症...

脳卒中後の排尿障害

―特に尿貯留なしに頻尿を訴える時の対策―

排尿障害プラクティス Vol.14 No.4, 39-46, 2007

脳血管障害には種々のものがあるが, 出血や梗塞により急激に片麻痺や意識障害を来す脳卒中(通常一側半球に単発する)と, ラクナと呼ば...

慢性前立腺炎による排尿障害

排尿障害プラクティス Vol.14 No.4, 23-30, 2007

近年National Institute of Hea1th(NIH)により, 前立腺炎の病態が再編され, 特に新しい疾患概念として提唱される慢性前立腺炎/慢性骨...

前立腺肥大症におけるLUTS,OAB

―特にTURPにより改善がみられない場合の対策―

排尿障害プラクティス Vol.14 No.4, 15-22, 2007

前立腺肥大症は高齢男性における排尿障害のなかでも最も代表的な疾患といえるが, その背景にある病態は必ずしも単純ではない. 排尿困...

器質的疾患のない頻尿(夜間頻尿)と睡眠障害(不眠症)

排尿障害プラクティス Vol.14 No.4, 7-13, 2007

夜間頻尿の成因はさまざまであるが, 睡眠障害による膀胱容量低下の原因の一つとしてメラトニン低値と尿意覚醒閾値の関係が挙げられる...

心因性頻尿・尿意切迫症候群

排尿障害プラクティス Vol.15 No.4, 15-21, 2007

心因性頻尿・尿意切迫症候群は, 主症状として過活動膀胱症状を, 随伴症状としてさまざまな不定愁訴を伴う心的障害に起因した疾患であ...

心因性尿閉

排尿障害プラクティス Vol.15 No.4, 9-14, 2007

心因性の排尿障害は, 器質的な疾患や神経系の異常がないにもかかわらず, 排尿状態が心理的影響を受けることにより生じる. 排尿機能が...