記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

18751 - 18760件目 (全20525件中)

ウェスト親子について

Epilepsy Vol.2 No.1, 75-77, 2008

「はじめに」2007年11月号のEpilepsiaに, 大脳皮質のepileptogenesisについてHughling Jackson(1870)とその先駆者としてのRichard Br...

第3回 ルイス・キャロル

Epilepsy Vol.2 No.1, 71-74, 2008

『不思議の国のアリス』の物語では, あちこちで時間や身体の変容体験が記述されている. 「はじめに」ルイス・キャロル(写真)は, 『不...

脳波の上手なとりかた1

Epilepsy Vol.2 No.1, 60-61, 2008

「1 記録前の問診」てんかん発作には多様の型があり, 起きる状況もさまざまです. 病歴を把握することは, より良い発作時・発作間欠期...

運動によって意識消失発作が誘発される17歳男性

Epilepsy Vol.2 No.1, 46-50, 2008

「症例提示」「現病歴」15歳6カ月より, 突然前方に倒れ込み, 数10秒で回復するが, その後意識がもうろうとするエピソードが1, 2カ月...

日本で多いてんかん症候群:BAFME

Epilepsy Vol.2 No.1, 37-45, 2008

「はじめに」BAFMEは良性成人型家族性ミオクローヌスてんかん(benign adult familial myoclonus epilepsy)の略で安田1)が命名したも...

2.てんかんの脳刺激治療法の現況

Epilepsy Vol.2 No.1, 31-35, 2008

「要旨」てんかんの新しい治療法として, 脳を刺激する方法がある. 経頭蓋磁気刺激法, 脳深部電極刺激法, ブレインペースメーカーであ...

1.てんかんとインターネット

Epilepsy Vol.2 No.1, 23-29, 2008

「はじめに」日本のインターネット利用者は1996年には推定500万人だったが, 2003年には約8,000万人, 普及率60%を越えた. インターネ...

てんかん遺伝子研究から臨床へ

Epilepsy Vol.2 No.1, 7-13, 2008

「小国(司会)」20年ほど前までは臨床遺伝学的研究が行われており, 当時の生物学的マーカーは, 実際の発作, あるいは脳波が限界だった...

セロトニンと血管内皮機能

(第51回日本糖尿病学会年次学術集会ランチョンセミナー記録集)

Angiology Frontier Vol.7 No.3, 84-89, 2008

座長:東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科分子内分泌内科学(内分泌...

(特別講演)心血管疾患の予防・改善における運動の役割

(第3回血管運動療法研究会・学術集会記録集)

Angiology Frontier Vol.7 No.2, 113-116, 2008

当番世話人/座長:JR仙台病院副院長 市来正隆勝村氏は, 予防医学的な話題を含め, 種々の報告に基づいて運動の有用性について...