記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

18731 - 18740件目 (全19844件中)

糖尿病患者における起立性低血圧に対する五苓散の効果

Pharma Medica Vol.25 No.9, 15-17, 2007

はじめに 起立性低血圧は, 糖尿病性神経障害のうち自律神経障害の1つであり, 患者のQOLを低下させたり, 他の合併症を進展させる一因...

総論:漢方とEBM

Pharma Medica Vol.25 No.9, 13-14, 2007

I.漢方の特質とEBMの意義 漢方の治療体系としての魅力は以下のようなものである. (1)心と身体は不可分のものとする「心身一如」の治...

特集にあたって

Pharma Medica Vol.25 No.9, 11, 2007

漢方は西洋医学とは全く異なったパラダイム(思考の枠組み)で成り立っており, 西洋医学的な視点からは同一の疾患であっても, 漢方の視...

麻酔科医の果たす役割

Pharma Medica Vol.25 No.8, 57-60, 2007

「はじめに」麻酔科医の役割は, 日本麻酔科学会がその理念のなかで述べているように, 周術期の患者管理を中心としながら, 救急医療, ...

低侵襲モニターの役割 心拍出量モニター

Pharma Medica Vol.25 No.8, 51-55, 2007

「はじめに」従来, 周術期の心拍出量モニターとしては肺動脈カテーテルを用いた熱希釈法が唯一の方法であったといってよい. しかし, ...

低侵襲モニターの役割 TEE

Pharma Medica Vol.25 No.8, 39-44, 2007

I. 経食道心エコー(TEE)の開発 手術中の循環モニタリングは, 血圧, 中心静脈圧, 肺動脈圧に代表される圧測定の方法が中心であった. ...

投与法の果たす役割 TCI

Pharma Medica Vol.25 No.8, 31-33, 2007

「はじめに」麻酔科医にとって, 麻酔中に投与した薬物が, (1)どの程度の用量で, (2)どの程度の効果を発現し, そして(3)いつ効果がな...

薬剤の作用機序と役割 スガマデックス(Org25969)

―これからの筋弛緩薬拮抗のかたち―

Pharma Medica Vol.25 No.8, 25-29, 2007

I. 筋弛緩薬とその作用の拮抗 スガマデックスは, 新しい形での非脱分極性筋弛緩薬の作用の拮抗を提供してくれる薬剤だ. その説明をす...

薬剤の作用機序と役割 ロクロニウム

Pharma Medica Vol.25 No.8, 19-24, 2007

「はじめに」ロクロニウムの最大の特徴は, 名前の由来であるRapld Onset+curonlumからもわかるように, 作用発現が非常に速いことにあ...