記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

18541 - 18550件目 (全19844件中)

Ⅳ.喘息発作への対応

喘息 Vol.20 No.4, 55-57, 2007

この20~30年で喘息予防薬, 発作治療薬は大いに進歩した. かつては最良と思われた治療法がその座を滑り落ち, 現在ではより良い方法が...

Ⅱ.診断―慢性咳嗽の鑑別を含めて

喘息 Vol.20 No.4, 33-38, 2007

気管支喘息は, 典型的なものから非典型的なものまで幅広い病態を示すため, 確立した診断基準の作成は困難である. 気流制限による喘鳴...

Ⅰ.発症要因と病態 気道炎症と気道リモデリング

喘息 Vol.20 No.4, 27-32, 2007

気管支喘息は, 気道の慢性炎症を特徴とする炎症性呼吸器疾患である. 気道に浸潤した好酸球, リンパ球, 肥満細胞などの炎症性細胞によ...

Ⅰ.発症要因と病態 気道過敏性

喘息 Vol.20 No.4, 21-26, 2007

気道過敏性は, 喘息に特徴的な病態の1つである. また, その程度と重症度, あるいは患者の生活の質(QOL)の低下とも相関が高く, 吸入ス...

巻頭言:『喘息』の20年を振り返って

喘息 Vol.20 No.4, 17-20, 2007

はじめに 学問の進歩は日進月歩である. 気管支喘息の諸問題についても同様であり, この20年間の進歩は刮目に値する. その軌跡を思い...

―小児科編―

喘息 Vol.20 No.3, 92-93, 2007

小児の喘息はアトピー型が圧倒的に多く, 重症例は乳児期から, いわゆるアレルギーマーチの経過をたどる例も多い. 気管支喘息の病態と...

第三回

喘息 Vol.20 No.3, 85-89, 2007

帰国後, 喘息およびアレルギーの研究をメインテーマにして 1960年(昭和35年)に帰国し, 東京大学物療内科教室に帰局した. 帰局して間...