記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

18531 - 18540件目 (全19723件中)

Ⅱ.侵襲に対する生体反応の分子機構 アポトーシス

Surgery Frontier Vol.14 No.1, 78-81, 2007

虚血, 低酸素, 炎症, 紫外線, 放射線, 酸化ストレスといった侵襲を受けると, 細胞はストレスのタイプ, 強さに応じてさまざまな対応を...

Ⅱ.侵襲に対する生体反応の分子機構 拒絶

Surgery Frontier Vol.14 No.1, 74-77, 2007

障害された臓器を他者の臓器や組織と置換する移植治療では, 移植片が宿主により他者として認識されることで生じる免疫反応, すなわち...

Ⅱ.侵襲に対する生体反応の分子機構 虚血・再灌流障害

Surgery Frontier Vol.14 No.1, 67-73, 2007

虚血時には低酸素によりATPの産生が滞り, 結果として細胞内のカルシウム濃度が上昇する. カルシウムはホスホリパーゼA2を活性化して...

Ⅱ.侵襲に対する生体反応の分子機構 血管新生

Surgery Frontier Vol.14 No.1, 62-66, 2007

新しく血管がつくられる過程は血管新生(angiogenesls)とよばれており, 創傷や炎症の治癒などの生理的現象に極めて重要な役割を果たし...

Ⅱ.侵襲に対する生体反応の分子機構 創傷治癒

Surgery Frontier Vol.14 No.1, 56-61, 2007

創傷治癒過程とは, 受傷直後に生じる出血・凝固止血に始まり, その後の炎症反応による壊死組織・細菌等の除去, 肉芽組織の成長と上皮...

Ⅱ.侵襲に対する生体反応の分子機構 免疫応答

Surgery Frontier Vol.14 No.1, 51-55, 2007

侵襲に対する生体反応は, 局所におけるサイトカイン産生に始まり, 反応性に活性化された神経-内分泌-免疫系カスケードヘと移行する. ...

Ⅱ.侵襲に対する生体反応の分子機構 血液凝固反応

Surgery Frontier Vol.14 No.1, 46-50, 2007

凝固線溶反応本来の意義は出血・組織損傷に対する特異的止血・創傷治癒反応であるが, 近年, 神経内分泌反応および免疫炎症反応同様の...

Ⅱ.侵襲に対する生体反応の分子機構 生体反応

Surgery Frontier Vol.14 No.1, 38-45, 2007

侵襲に対して, 生体は自己の恒常性を維持して生き延びるための合目的な反応を起こす. これが生体反応, 生体防御反応である. 生体反応...

Ⅰ.侵襲に対する生体反応の制御因子 シグナル伝達

Surgery Frontier Vol.14 No.1, 27-32, 2007

侵襲に対する生体防御反応において重要な働きを演じるのがサイトカインによる情報伝達である. ほとんどのサイトカインはその受容体を...