記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

18511 - 18520件目 (全18741件中)

細胞組織製品の前臨床安全性試験

再生医療 Vol.5 No.2, 33-36, 2006

「はじめに」近年の再生医療の発展には目覚ましいものがあり, 臨床現場においては臨床研究の一環としてすでに実施されている医療も数...

細胞組織利用製品の品質確保

再生医療 Vol.5 No.2, 27-32, 2006

「はじめに」医薬品, 医療機器の品質確保の究極の目的は, 最終製品の有効性, 安全性を物質面から恒常的に確保することである. 確保す...

細胞組織利用製品の評価の視点

再生医療 Vol.5 No.2, 22-26, 2006

「はじめに」近年, 細胞組織利用製品に関する確認, 承認申請件数, 相談件数が多くなるとともに, 細胞組織利用製品の評価の考え方に関...

米国遺伝子治療の認可行政の現状

再生医療 Vol.5 No.1, 127-129, 2006

「FDAによる認可行政」アメリカ合衆国においては, 人体被験者に未承認の医薬品, 生物製剤などを投与する際, 必ずFood and Drug Admin...

培養真皮のバンキングシステムの確立

再生医療 Vol.5 No.1, 119-126, 2006

組織工学(Tissue Engineering)という概念, すなわち『組織機能の再生, 維持, 修復を目的とする生物学的代替品の開発に工学と生物学を...

ハニカムフィルムを用いた蛋白質吸着および細胞接着の制御

再生医療 Vol.5 No.1, 96-101, 2006

再生医療用材料の開発において, 材料表面の化学的な性質のみならず, 表面構造(トポロジカル)も考慮した細胞接着面の設計の重要性が提...

ナノピラーシートを用いた細胞培養

再生医療 Vol.5 No.1, 91-95, 2006

ナノテクノロジーの急速な発展に伴い, 微細構造を簡便に形成することのできるナノ加工技術の進展は著しい. ナノインプリント技術は微...

磁性ナノ粒子を用いた組織工学手法の開発

再生医療 Vol.5 No.1, 84-90, 2006

Tissue engineeringの定義は, 「生命科学と工学の協力によって生体の機能を維持し, また失われた機能を代替する臓器あるいは物質を創...

血管疾患遺伝子治療用高分子ミセル型ナノ構造体

再生医療 Vol.5 No.1, 78-83, 2006

近年, さまざまな疾患に対して遺伝子を直接導入する遺伝子治療に関する研究が盛んに行われており, その実現に大きな期待が寄せられて...