記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

18501 - 18510件目 (全18877件中)

ステント治療の現況

脳と循環 Vol.11 No.1, 33-38, 2006

頸部頸動脈狭窄による脳虚血に対しての外科的治療にはCEAとCASがある. CEAはEBMの確立されてきた治療法であり, 米国では年間10万件以...

頸動脈内膜剝離術の適応病変

脳と循環 Vol.11 No.1, 27-31, 2006

欧州及び北米で施行されたprospective randomized studyの結果が1990年代に発表された. その結果, 70%以上の狭窄を示す症候性頸動脈...

我が国における頸動脈狭窄症治療の現実

脳と循環 Vol.11 No.1, 21-25, 2006

JCAS(我が国における頸動脈狭窄病変の治療の現状分析及び診療ガイドライン作成に関する研究)は頸動脈狭窄症の治療に関する我が国初の...

(座談会)頸動脈狭窄の治療

脳と循環 Vol.11 No.1, 11-19, 2006

JCASの概要と結果から 山田 本日はお忙しい中をお集まり頂きましてありがとうございます. 『脳と循環』も創刊から11年目を迎えますが...

血液脳関門の分子機構(水チャンネルの関与)

脳と循環 Vol.11 No.3, 75-79, 2006

「1 はじめに」 確実な神経伝達を行うためには, 脳内の微小環境は厳密に調節されている必要があり, そのため血管と脳実質の間には「...

血行再開後の管理

脳と循環 Vol.11 No.3, 39-43, 2006

超急性期虚血性脳血管障害に対する血栓溶解療法の最大の問題点は, 症候性頭蓋内出血の増加であり, 治療の成否を左右する合併症である...

末梢動脈の血管内治療

Pharma Medica Vol.24 No.12, 31-36, 2006

【はじめに】下肢閉塞性動脈硬化症(PAD)は腸骨動脈領域, 大腿動脈領域, 膝下動脈領域に分類されるが, 近年大腿動脈領域に狭窄病変や...

大動脈の血管内治療;大動脈ステントグラフト

Pharma Medica Vol.24 No.12, 25-30, 2006

【はじめに】今, 本邦における大動脈瘤に対する治療は大きな変革を遂げようとしている. すなわち, 従来の外科的手術から低侵襲でいわ...

冠動脈の血管内治療;DES(薬剤溶出ステント)

Pharma Medica Vol.24 No.12, 21-24, 2006

【I. DESの登場まで】1. バルーンの時代 1977年にGruentzigによって経皮的冠動脈形成術(percutaneous transluminal coronary angiopl...

脳神経の血管内治療;頸動脈ステント留置術

Pharma Medica Vol.24 No.12, 17-20, 2006

【はじめに】頸部内頸動脈狭窄は, 脳梗塞の原因として重要である. 狭窄による血流の低下と狭窄部からの頭蓋内血管への塞栓症により脳...