記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

18501 - 18510件目 (全19769件中)

第一回

喘息 Vol.20 No.1, 91-93, 2007

【はじめに】“喘息とのかかわり”という題で連載を引き受けたが, 実は雑誌『アレルギーの領域』(現在は「アレルギー, 免疫」と雑誌名...

Mayo Clinicでの生活と研究

喘息 Vol.20 No.1, 69-75, 2007

1863年, 南北戦争で傷ついた兵士たちの治療のため, イギリス出身の外科医Dr. WW Mayoはミネソタ州南部 ロチェスター市に医療施設を開...

モルモット喘息モデルの有用性とその限界

喘息 Vol.20 No.1, 57-62, 2007

モルモットは, その気道系平滑筋の反応性がヒトのそれに類似して, 多くのケミカルメディエーターに対し収縮を示すこと, また, 全身性...

IL-18と気管支喘息

喘息 Vol.20 No.1, 44-50, 2007

IL-18は抗原刺激なしにT細胞, 好塩基球/肥満細胞に作用してTh2サイトカインの産生を誘導する. したがって, IL-18をマウスの腹腔内に...

NC/Ngaマウス喘息モデルの特徴

喘息 Vol.20 No.1, 40-43, 2007

NC/Ngaマウスにダニ抽出物を点鼻することにより, 気道抵抗の亢進, 気管支肺胞洗浄液(bronchoalveolar lavage;BALF)中の好酸球の増加...

マウス喘息モデルの有用性とその限界

喘息 Vol.20 No.1, 32-37, 2007

一般に, 疾患の発症機序ならびに治療薬の開発には, 臨床症状や病態と類似した特徴を有する疾患動物モデルが汎用されている. アレルギ...

ニホンザルのアレルギーに学ぶこと

喘息 Vol.20 No.1, 26-31, 2007

先進諸国のなかで野生霊長類であるニホンザルが生息するのは唯一わが国のみで, 貴重な生物資源として今後の有効活用と保護, 保全が注...

マスト細胞欠損マウス研究の歴史

喘息 Vol.20 No.1, 15-20, 2007

マスト細胞の発生, 分化に幹細胞因子(stem cell factor:SCF)-c-kitシグナル伝達経路が必須であることはよく知られている. SCFをコー...

ペットのアレルギーに学ぶ

喘息 Vol.20 No.1, 2-6, 2007

【はじめに】アレルギーの研究をするうえで, とくに免疫療法などの治療法開発にはアレルギーの動物モデルが不可欠である. 一般に広く...