記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

18501 - 18510件目 (全20525件中)

冠動脈疾患

Pharma Medica Vol.26 No.11, 31-36, 2008

「はじめに」わが国では, 冠動脈疾患に対する心臓リハビリテーション(以下心リハ)はその重要性が認識されているにもかかわらず, 急性...

パーキンソン病

Pharma Medica Vol.26 No.11, 25-29, 2008

「はじめに」パーキンソン病はよく知られている神経疾患であるが, 最近の研究から病気の発症, 進行過程に関する理解, 治療上の新しい...

高次脳機能障害

Pharma Medica Vol.26 No.11, 21-24, 2008

「I. 高次脳機能障害とは」まず高次脳機能障害の高次とは何に対して高次なのであるか. 麻痺, 視覚障害, 聴覚障害, 触覚障害などの身...

嚥下障害

Pharma Medica Vol.26 No.11, 13-20, 2008

「はじめに」近年嚥下障害は大変注目されている. 医学や看護・介護系の雑誌を2, 3年レビューしてみると数多くの特集や論文を見いだす...

特集にあたって

Pharma Medica Vol.26 No.11, 7, 2008

医学的リハビリテーションは経験的で, 医学として客観性に欠けると指摘されてきた. 多くのリハビリテーション医学の治療手段は経験に...

遺伝子診断と臨床展開

Pharma Medica Vol.26 No.10, 57-62, 2008

「はじめに」近年, 一部の家族性てんかんにおいて, 責任遺伝子とその分子病態が明らかになり, より頻度の高い弧発性てんかんにおいて...

免疫学的病態解明・診断と治療

Pharma Medica Vol.26 No.10, 51-54, 2008

「はじめに」近年の免疫学的手法のてんかん研究への新たな導入により, 自己抗体などの液性免疫・サイトカインなどを含む細胞性免疫が...

新たな生理学的診断と治療

Pharma Medica Vol.26 No.10, 45-50, 2008

「はじめに」てんかん焦点の検索では, 従来のてんかん性放電の記録以外に, てんかん原性の生理学的特性を反映した新しい診断方法とそ...

新たな画像診断法

Pharma Medica Vol.26 No.10, 39-43, 2008

「はじめに」画像診断の進歩とともに難治てんかんに対しての外科手術が数多く施行されるようになり, 術前の画像検査の重要性が増して...

新たな外科治療法

Pharma Medica Vol.26 No.10, 33-37, 2008

「はじめに」てんかんに対する外科的治療法の歴史は古く, 1886年Victor Horsleyにより皮質電気刺激を用いて焦点診断・切除を行われた...