記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

総説「脳腫瘍関連てんかんの薬物療法」

18121 - 18130件目 (全18221件中)

胆汁酸の生成・分泌機構とその異常

The Lipid Vol.17 No.2, 21-27, 2006

肝臓は, 過剰なコレステロールを生体から除去することができる唯一の臓器である. その主役を務めるのが, コレステロールから肝臓で特...

肝臓におけるインスリン感受性制御の分子機構

―最近の知見―

The Lipid Vol.17 No.2, 14-20, 2006

肝臓におけるインスリン抵抗性は, メタボリックシンドローム, 糖尿病における病態形成においてきわめて重要である. 肝臓におけるイン...

肥満モデル動物 PPARγノックアウトマウス

The Lipid Vol.17 No.2, 4-9, 2006

PPARγとは リガンド応答性の核内受容体型の転写因子であるperoxisome proliferator-activated receptor(PPAR)は, 脂肪分解に関与する...

小児期動脈硬化の非観血的評価(IMT,FMD)

The Lipid Vol.17 No.1, 59-65, 2006

動脈硬化は小児期にはじまり, 中年期以降に動脈硬化性心血管疾患へと進展していく. 動脈硬化性心血管疾患への進展を予防するうえにお...

小児の高脂血症と動脈硬化

The Lipid Vol.17 No.1, 55-58, 2006

高脂血症は, 動脈硬化の代表的な危険因子として小児期から作用し, 若年性の心血管病のもとになる. 特に, 家族性高脂血症である家族性...

薬物治療

The Lipid Vol.17 No.1, 43-48, 2006

小児の高脂血症で薬物治療の対象となる疾患は先天性疾患のみであり, 二次性高脂血症は原疾患の治療により脂質プロファイルの改善をは...

小児高脂血症における栄養指導

The Lipid Vol.17 No.1, 35-42, 2006

成人の病気であった生活習慣病が, 最近では小学生や中学生に増えており, 問題となっている. その背景には, 食事の欧米化や外食産業の...

高トリグリセリド血症の管理

The Lipid Vol.17 No.1, 24-29, 2006

小児の高トリグリセリド(TG)血症は, 将来的な動脈硬化性心疾患の危険因子の一つであるため, 幼児期からの治療が必要と考えられる. 学...

高コレステロール血症の管理

The Lipid Vol.17 No.1, 18-23, 2006

動脈硬化は小児期からすでにはじまっていることが明らかになっており, 小児の高コレステロール血症に対する積極的な診断と治療が求め...

小児高脂血症の管理基準

The Lipid Vol.17 No.1, 14-17, 2006

ライフスタイルの変化とともに, 高脂血症の小児は増加している. 学童の5%が成人の高コレステロール血症基準である220mg/dLを超過して...