記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

総説「脳腫瘍関連てんかんの薬物療法」

17801 - 17810件目 (全17813件中)

(薬物療法 排尿障害)ハルンケア

排尿障害プラクティス Vol.14 No.1, 95-102, 2006

「はじめに」ハルンケア内服液はOTC初の効能「軽い尿漏れ」を取得した薬剤であり, 出荷数から大まかに概算すると, 年間20-25万人の方...

第7回 ノモグラム

排尿障害プラクティス Vol.14 No.1, 81-85, 2006

「はじめに」PSAスクリーニングの普及により, 近年限局性前立腺癌が発見される機会が増え, それに伴い前立腺全摘術の施行例が増加し...

血尿の面像診断

排尿障害プラクティス Vol.14 No.1, 73-79, 2006

本稿では血尿の画像診断について検査技術(特にCT)を中心に症例を提示し解説する. なお, 本稿の主要部分は日獨医報(49巻:366-373, 20...

前立腺全摘除術後尿失禁に対する磁気刺激治療

―Extracorporeal magnetic innervation―

排尿障害プラクティス Vol.14 No.1, 65-71, 2006

前立腺全摘除術は限局性前立腺癌に対する一般的な手術となり安全に施行されるようになったが, 依然として術後尿失禁は患者のQOLを低...

磁気刺激法の神経学的診断法への応用

排尿障害プラクティス Vol.14 No.1, 52-64, 2006

磁気刺激は, 被検者に痛みを感じさせず, 非侵襲的に, 電気刺激と同様の刺激を, 末梢および中枢神経に与えることができる. そのため, ...

尿失禁に対する磁気刺激法

―交差式二重盲検試験を中心に―

排尿障害プラクティス Vol.14 No.1, 46-51, 2006

磁気刺激治療法は, 尿失禁に対する非侵襲的な治療法として注目されている. 今回われわれは, 40名の切迫性尿失禁患者と24名の腹圧性尿...

夜尿症に対する干渉低周波療法

排尿障害プラクティス Vol.14 No.1, 30-34, 2006

小児夜尿症(enuretic syndromeも含む)の原因要因として, 機能的膀胱容量の減少, 排尿のために覚醒できない覚醒障害, 睡眠中の抗利尿...

干渉低周波治療(Interferential Therapy)

―二重盲検および長期試験成績を中心に―

排尿障害プラクティス Vol.14 No.1, 23-28, 2006

干渉低周波療法は皮膚に電極を装着するだけで行え, 患者の心理的物理的侵襲が小さく, 受け入れやすい治療である. いくつかの二重盲検...