記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

17801 - 17810件目 (全19447件中)

中枢神経障害とERストレス

血管医学 Vol.9 No.4, 23-30, 2008

分泌タンパク, 膜タンパクは小胞体に挿入され, 分子シャペロンとの相互作用によって高次構造が形成されて細胞内外に分泌輸送され, 機...

【Overview】ERストレス

血管医学 Vol.9 No.4, 11-16, 2008

「ERストレスと細胞を守る応答1)~7)」低酸素をはじめ, 種々の細胞外刺激により小胞体(endoplasmic reticulum;ER)内腔に折り畳み不...

【Overview】ユビキチン/プロテアソーム系

血管医学 Vol.9 No.4, 7-10, 2008

タンパク質分解は, 良品分子であっても不要な(細胞活動に支障をきたす)場合, あるいは必要とする栄養素(アミノ酸やその分解による代...

血管障害部位の検出のためのMRI造影剤の開発

血管医学 Vol.9 No.3, 75-80, 2008

MRIは安全性が高い診断法であり, 血管病変の診断には理想的な手法であるが, この目的のためには造影剤が必要である. 造影すべき対象...

脳血管攣縮と活性酸素

血管医学 Vol.9 No.3, 63-68, 2008

「Summary」くも膜下出血(SAH)後の脳血管攣縮(ことに遅発性攣縮)は, 脳機能障害を引き起こす重篤な合併症である. 脳血管攣縮は, 主と...

冠動脈攣縮の分子機序

血管医学 Vol.9 No.3, 57-62, 2008

「Summary」冠動脈攣縮は, 虚血性心疾患全般の成因や病態に深く関与しているが, その分子機序はいまだ不明な点が多い. 我々は, 動物...

血管平滑筋における興奮収縮連関

血管医学 Vol.9 No.3, 41-48, 2008

「Summary」血管平滑筋の興奮性は, 動脈・静脈および部位によって大きく異なる. 自律神経支配, 内皮細胞による制御や, 生理活性物質...