記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1511 - 1520件目 (全1540件中)

幼児(2~5歳)喘息の長期管理

(JPGL2005を踏まえてどのように対応すべきか?)

喘息 Vol.19 No.4, 49-53, 2006

幼児喘息の診断は必ずしも容易でない場合があり, 長期管理を継続するにあたっては常に, 診断が正しいか, 重症度把握は的確か, 治療は...

乳児(2歳未満)喘息の長期管理について

(JPGL2005を踏まえてどのように対応すべきか?)

喘息 Vol.19 No.4, 45-48, 2006

乳児喘息の長期管理薬物治療はアレルギー炎症を制御することが主目的で, 持続型の喘息では吸入ステロイド薬が主体となる. 吸入ステロ...

乳児(2歳未満)喘息急性発作の治療

(JPGL2005を踏まえてどのように対応すべきか?)

喘息 Vol.19 No.4, 37-40, 2006

JPGL2005は, 諸外国のガイドラインに比し, 乳児喘息を独立項目に掲げ, 急性発作時の推奨治療や対応を家庭と医療機関に分けて詳細に記...

小児気管支喘息の呼吸器合併症

喘息 Vol.19 No.4, 2-5, 2006

小児気管支喘息治療, 管理ガイドラインの2005年改訂時に新設されたのが「第4章小児気管支喘息の呼吸器系合併症」で, (1)他のアトピー...

徐放性テオフィリン

喘息 Vol.19 No.2, 64-68, 2006

本邦および世界のガイドラインでの徐放性テオフィリンの位置づけは, 中等症以上の喘息患者に対する吸入ステロイド薬に併用する薬剤の...

吸入ステロイド薬

喘息 Vol.19 No.2, 15-19, 2006

吸入ステロイド薬は, 気管支喘息の長期管理における第一選択薬である. 現在本邦で使用できる吸入ステロイド薬は, 定量噴霧式吸入器と...

喘息長期管理薬の作用機序

喘息 Vol.19 No.2, 2-5, 2006

気管支喘息の国際的管理ガイドラインGINAによると, 喘息の長期管理薬としては, 吸入ステロイド薬, 長時間作用性吸入β2刺激薬, ロイコ...

脳血管イベント抑制とメタボリックシンドローム

脳と循環 Vol.11 No.2, 49-53, 2006

I はじめに メタボリックシンドロームは, 腹部肥満, 血圧高値, 血糖高値, 脂質代謝異常(高中性脂肪血症と低HDLコレステロール血症)の...