記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

131 - 140件目 (全141件中)

ワルファリン用量と遺伝子型

脳と循環 Vol.13 No.2, 70-71, 2008

ワルファリンは心房細動患者の脳梗塞予防のための特効薬であり, 広く用いられるようになっている. しかしワルファリンは有効域が狭く...

ワルファリン抵抗性患者の治療

脳と循環 Vol.13 No.1, 67-71, 2008

「はじめに」ワルファリン抵抗性とは, 大量に投与してもワルファリンに対する治療効果が現れにくい状態を意味し, ワルファリン耐性や...

ビタミンK高含有経腸栄養剤のワルファリン療法に及ぼす影響

栄養-評価と治療 Vol.25 No.6, 21-24, 2008

ビタミンK(VK)は, ワルファリンの作用を減弱させることが知られている. VK摂取目安量60~75μg/日に対して, VK高含有経腸栄養剤のVK含...

整形外科領域における深部静脈血栓症の治療

Angiology Frontier Vol.7 No.3, 52-57, 2008

整形外科周術期血栓の予防・治療に対するガイドラインが2004年に発表され, 患者・社会ならびに医療スタッフにおける管理体制が始まっ...

消化器外科領域における深部静脈血栓症の治療

Angiology Frontier Vol.7 No.3, 47-51, 2008

わが国における腹部外科周術期における静脈血栓塞栓症(venous thromboembolism;VTE)の発生頻度は近年増加し, 欧米とほぼ同等となって...

血栓形成メカニズムと抗凝固療法―オーバービュー―

Angiology Frontier Vol.7 No.3, 13-17, 2008

地球規模でのメタボリックシンドロームの増加により, 血栓塞栓症は先進諸国で増加しつつある. 静脈血栓症も例外ではない. 静脈血栓症...

特集にあたって

Angiology Frontier Vol.7 No.3, 12, 2008

『Angiology Frontier』Vol.7 No.3をお届けします. 今回の特集のテーマとしては, 「深部静脈血栓症(DVT)の最近の治療」を取り上げさ...

肺塞栓症予防のための周術期管理

Angiology Frontier Vol.6 No.2, 45-51, 2007

肺塞栓症は, 入院中の患者, 特に周術期に多く発症し, 急激な経過をたどり突然死に至る症例も存在することから, 本症の発症予防がきわ...