記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

13491 - 13500件目 (全13820件中)

日本人におけるビタミン摂取の現状と課題

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.19 No.3, 15-19, 2012

「Summary」日本人のビタミン摂取量は, 国民健康・栄養調査結果からみると, 概ね食事摂取基準を満たしていると思われるものの, 摂取...

ビタミン研究の歩み

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.19 No.3, 11-14, 2012

「Summary」ビタミン欠乏症の発見に始まり, 補酵素として作用する水溶性ビタミンや特異的な結合蛋白質を介して作用する溶性ビタミン...

特集にあたって

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.19 No.3, 9-10, 2012

それ自体はエネルギー源や生体構成成分とはならないが, 生体内の物質代謝を調節するうえで不可欠な有機化合物からなる微量栄養素を総...

卵巣癌

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.19 No.3, 4-7, 2012

「はじめに」わが国における卵巣癌の罹患数は年間8,000人前後, 死亡数は年間4,500人以上で, いずれも増加傾向にある1)(図1). 卵巣癌...

ホルモン年齢より認知症を考える

Anti-aging Science Vol.4 No.3, 128-131, 2012

「I はじめに」認知症, 特にアルツハイマー病は男性よりも女性に多いが, 明確な理由はわかっていない. 更年期にエストロゲン分泌がほ...

糖尿病より認知症を考える

Anti-aging Science Vol.4 No.3, 122-127, 2012

「I はじめに」糖尿病が孤発性アルツハイマー病(AD)の後天的危険因子の1つであることがコンセンサスを得つつある. しかしながら, ...

高血圧より認知症を考える

Anti-aging Science Vol.4 No.3, 115-121, 2012

「I はじめに」2011年の春よりアルツハイマー病の治療薬が数種類使えるようになり, アルツハイマー病が治療できる病気になったという...

血管より認知症を考える

Anti-aging Science Vol.4 No.3, 109-114, 2012

「I はじめに」認知症の主座である脳は脳血液関門によって体循環から隔絶保護されている一方で, 豊富な物質・情報交換を行っている. ...

第5回 皮膚老化とバイオマーカー

Anti-aging Science Vol.4 No.2, 63-68, 2012

「はじめに」抗加齢医学を実践する立場から皮膚関連のバイオマーカーの提示の必要性がますます強くなってきている. 皮膚, 姿勢と体型...