記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

COPD Selected Papers Online main 336105

1 - 10件目 (全51件中)

Ⅱ 糖尿病性腎臓病 Clinical 2020 ~Current and Future Therapeutic Strategies~

バルドキソロンメチルへの期待

Pharma Medica Vol.38 No.9, 57-61, 2020

バルドキソロンメチルは新規の合成トリテルペノイドであり,もともと抗がん剤として開発された。トリテルペンは6つのイソプレンから...

高齢者と眼疾患

Pharma Medica Vol.37 No.12, 54-57, 2019

生活習慣病のような全身疾患と同様に、眼にも年齢と共に病気が生じてきます。代表的な疾患として白内障、緑内障がありますが、近...

Ⅱ.生活習慣病の骨粗鬆症への影響 4.高尿酸血症

THE BONE Vol.31 No.4, 63-67, 2018

高尿酸血症は生活習慣病の一つであり,痛風や心血管疾患のリスク因子として認識されている.一方,尿酸は抗酸化作用を有することから...

アンチエイジングとしての女性ホルモンの歴史と役割

アンチ・エイジング医学 Vol.14 No.3, 26-30, 2018

若さを保つための物質として,女性ホルモンの存在は古くから知られていた。女性ホルモンには,卵巣から産生される性ステロイドホルモ...

SU薬は諸刃の剣か

Pharma Medica Vol.36 No.6, 15-19, 2018

21世紀初頭は,まさに糖尿病診療激動の時代といえる。ここ最近20年間で多種多様な糖尿病治療薬が開発・臨床応用され,多くのエビデン...

特集にあたって

Pharma Medica Vol.36 No.1, 7, 2018

CKD診療のそれぞれの分野での進歩が著しく,本特集では「CKD診療のトピックス」と銘打って,各分野でのトピックスの詳細を各分野の第...

脂質異常症

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.24 No.4, 41-46, 2017

経口の結合型エストロゲンは低比重リポ蛋白 (low density lipoprotein;LDL) コレステロールを低下させ,高比重リポ蛋白 (high densi...

3.推奨できる食品か?

-ポリフェノールと尿酸

高尿酸血症と痛風 Vol.25 No.1, 28-34, 2017

ポリフェノールには抗酸化作用をはじめ,抗癌作用,血圧やコレステロール低下作用,代謝の促進作用などさまざまな効能が知られている...

5.血清尿酸値と各病態との関連 5)筋量

高尿酸血症と痛風 Vol.24 No.2, 58-64, 2016

健常成人において安静下に血清尿酸値と筋量・筋力の間に正相関が報告されている。このことは,骨格筋による尿酸産生は,血清尿酸値の...