記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全16件中)

非妊娠時におけるヒト子宮収縮の観察

(1)子宮筋腫を伴う子宮の収縮

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.26 No.3, 67-72, 2019

着床時,子宮内膜の蠕動様運動は減少することが知られている。この事実に基づき,不妊治療としてオキシトシン受容体のアンタゴニスト...

特集にあたって

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.25 No.4, 12, 2018

近年,妊娠前からの健康管理(Preconception Care)により妊孕性の保持・向上が期待でき,児の将来の健康の向上が期待されるという科...

子宮筋腫の手術療法

(1)不妊症患者に対する子宮筋腫核出術の適応

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.25 No.2, 47-50, 2018

子宮筋腫を合併する不妊症患者にしばしば遭遇するが,子宮筋腫が不妊症の原因となっているのか,また筋腫核出術を行うことにより妊孕...

アンチエイジングとしての女性ホルモンの歴史と役割

アンチ・エイジング医学 Vol.14 No.3, 26-30, 2018

若さを保つための物質として,女性ホルモンの存在は古くから知られていた。女性ホルモンには,卵巣から産生される性ステロイドホルモ...

子宮収縮制御

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.25 No.1, 47-52, 2018

着床時,プロゲステロンの影響により子宮内膜の蠕動様運動は減少することが知られている。この事実に基づき,不妊症症例を対象に薬物...

特集にあたって

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.24 No.3, 10, 2017

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え,わが国のスポーツに対する関心が深まっている。同時に,女性アスリートの特性が科...

子宮の再生

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.2, 61-65, 2016

「Summary」間葉系幹細胞や人工多能性幹(induced pluripotent stem;iPS)細胞などの幹細胞の分化制御基礎研究がめざましい進歩をと...