記事検索

10,000以上の記事から検索することができます。

1 - 10件目 (全333件中)

神経難病の食事

Pharma Medica Vol.39 No.3, 80-83, 2021

神経難病は原因が不明で根治的な治療法がなく次第に障害が進行し、身体機能やコミュニケーション能力が著しく障害されるといわれてい...

多系統萎縮症

Pharma Medica Vol.39 No.3, 33-37, 2021

多系統萎縮症(multiple system atrophy:MSA)は,主として線条体-黒質系,下オリーブ核-橋核-小脳系,自律神経系(迷走神経背側核,脊...

パーキンソン病

Pharma Medica Vol.39 No.3, 9-14, 2021

パーキンソン病は寡動,振戦,筋強剛といった運動症状が前景となる神経変性疾患である。頻度はアルツハイマー病に次いで多いとされて...

iPS細胞を用いた網膜色素上皮細胞移植

再生医療 Vol.19 No.1, 51-56, 2020

2007年のヒトiPS細胞の論文発表から12年が経過した。その間に我々は2013年〜2015年に最初の自家iPS細胞由来網膜色素上皮細胞(iPSC-R...

脳のアンチエイジングと認知症予防

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.6, 58-64, 2019

2015年の厚生労働省発表によれば,日本における高齢者総数は2,874万名であり,そのうち知的健常者は72%であるが,認知症予備軍の軽...

NAD⁺の補給は老化した腸管成体幹細胞を若返らせる

アンチ・エイジング医学 Vol.15 No.5, 74-76, 2019

加齢は,がん,糖尿病,アルツハイマー病およびパーキンソン病,心血管疾患などの成人発症疾患の主要な危険因子の一つである。成体組...

日本の再生医療にいま必要なものは?

再生医療 Vol.18 No.3, 11, 2019

日本の再生細胞医療は,いままさに正念場を迎えています。山中教授によりiPS細胞が樹立されて10数年が経ち,加齢黄斑変性症,心筋梗...

再生医療とロボットリハビリテーション

再生医療 Vol.18 No.2, 28-33, 2019

再生医療の発展により,これまで治療が困難と考えられてきた疾患の治療が可能となってきた。リハビリテーション(以下,リハビリ)と...

基礎医学とのダイアローグ

2.ニコチン性アセチルコリン受容体(ニコチン受容体)と作用薬

THE LUNG perspectives Vol.27 No.1, 62-66, 2019

ニコチン性アセチルコリン受容体(ニコチン受容体)は5つのサブユニットタンパクから構成されるイオンチャネル内蔵型受容体であり,...