<< 一覧に戻る

第25回バイオメディカルフォーラム 編集後記

バイオメディカル Vol.25, 27, 2015

本誌も24巻となります。今回もいくつもの価値ある論文が掲載されており,ぜひ目を通していただきたいと思います。大きく医療を取り巻く状況をみると,ますます多面的に複雑になりつつあるといえます。将来を見据える面からも,これまでを簡単に振り返ってみたいと思います。医学面のみに限れば,その進歩も素晴らしいものがあり,日本人のノーベル賞受賞者が続いていることも嬉しいことです。問題点として,医学研究の倫理面からいくつか指摘もされていますが,前向きにとらえて十分克服できるだろうと思われます。また世界的にはパンデミックも脅威になりそうです。ワクチン対策に代表される迅速な医療対策の整備も軽視してはならないと思われます。医療面に少し目を広げて社会的観点からみると,我が国の少子・高齢化問題,特に高齢者問題は2025年問題ともいわれますが,重視すべきでしょう。中国での従来の一人っ子政策の変更も伝えられていますが,これも今後の医療を考えるうえで注視しておくべきかもしれません。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

抄録