<< 一覧に戻る

Expert Lecture エキスパートに訊く筋ジストロフィー診療のポイント

Q3:経腸栄養剤の使い分けはどうすればよいでしょうか?

藤村真理子

MD Frontier Vol.1 No.3, 31-33, 2021

嚥下障害や呼吸苦などにより,経口摂取からの栄養摂取確保が困難となってきます.DMDでは液体嚥下が可能な場合が多く4),経口用の経腸栄養剤で栄養量を確保する患者もいます.また,呼吸苦や病状が進行すると便秘,腹部膨満感と相まって胃食道逆流により誤嚥のリスクとなり,栄養剤の量が確保できない場合も生じることがあります.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る