<< 一覧に戻る

座談会(Round Table Discussion)

頭頸部癌におけるがん免疫療法の進展

田原信清田尚臣本間明宏

がん免疫療法 Cancer Immunotherapy Vol.3 No.1, 12-19, 2019

田原 わが国において,抗PD-1抗体ニボルマブが「再発又は遠隔転移を有する頭頸部癌」の治療薬として2017年に承認されました.さらに2018年の欧州臨床腫瘍学会(ESMO)において再発/転移性頭頸部扁平上皮癌(head and neck squamous cell carcinoma:HNSCC)に対する1次治療としての抗PD-1抗体ペムブロリズマブの有効性が報告されたほか,抗PD-L1抗体アベルマブも申請を控えています.頭頸部癌診療が大きな転換期を迎えつつある今,「頭頸部癌診療におけるがん免疫療法の進展」をテーマに,免疫チェックポイント阻害剤の特徴・適正使用・副作用対策についてディスカッションしていきたいと思います.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る