<< 検索結果に戻る

『皮膚科新薬の使い方』

Bella Pelle Vol.2 No.3, 41, 2017

皮膚科領域の新薬の開発はめざましい.抗体製剤は乾癬領域のみならず,悪性腫瘍,蕁麻疹,アトピー性皮膚炎などの領域にまで広がり,低分子化合物の開発もしのぎを削っている.皮膚科の十八番の外用薬だって負けていない.配合剤は乾癬,痤瘡で新薬が上市され,さらにはアトピー性皮膚炎などに対する新規作用機序の外用薬の開発も進んでいるという.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録