<< 一覧に戻る

Psychiatry Forum

情動的意思決定の分子神経イメージング

髙橋英彦

精神科臨床 Legato Vol.4 No.2, 32-33, 2018

人間は,時に“非合理”な意思決定をする。これには情動が意思決定に重要な役割を担い,それにかかわる脳内過程も機能的MRI(fMRI)研究によって明らかになっている。次のステップとしては,この脳内過程における神経伝達物質のかかわりを理解する必要があり,分子イメージングによる情動的意思決定と神経伝達物質との関係を検討した研究を紹介する。
「KEY WORDS」意思決定,情動,分子神経イメージング,神経経済学

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る