<< 一覧に戻る

国際統合失調症学会

第5回国際統合失調症学会

会期:2016 年4月2~6日 会場:Firenze Fiera Congress Center(Florence, Italy)

宮田淳

精神科臨床 Legato Vol.2 No.3, 56-57, 2016

「SIRSについて」国際統合失調症学会(Schizophrenia International Research Society;SIRS)は,世界中の統合失調症研究者に対して,①研究者間の情報交換,②コミュニケーションと共同研究の促進,③最新の知見を広めるための教育プログラムの促進,④研究結果の出版の促進,⑤統合失調症に対する理解の促進,⑥統合失調症研究に対する研究助成の促進,⑦研究倫理の促進を目的とする国際学会です。2005年に結成され,第1回大会は2008年にベネチアで行われましたが,以降は2年に1回フィレンツェで行われています。参加には学会会員である必要はありませんが,会員になるためにはCVと少なくとも2本の論文(筆頭著者とは限らない)が必要で,それらをもとに審査されます。なお,同じく2年に1度行われる統合失調症の国際学会として,International Congress on Schizophrenia Research(ICOSR)があります。こちらは北米での開催で,次回は2017年3月に第16回大会がサンディエゴで行われる予定です。こちらもまた世界各国から統合失調症研究者が多数参加する,白熱した学会であります。SIRSとICOSRとは互いに協力関係にあり,SIRS内でICOSRのシンポジウム,ICOSR内でSIRSのシンポジウムが開催されたりします。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る