<< 一覧に戻る

Case Report 症例報告

脳静脈洞血栓症を合併し,開頭減圧術・術後エクリズマブ投与が有効であったPNHの一例

岩田吉生森田泰慶辻潔賴晋也田崎貴之井上宏昭谷口康博藤本昂田中宏和芦田隆司加藤天美松村到

PNH Frontier No.6, 46-49, 2019

発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)患者の溶血は,感染症や手術などの生体侵襲により増悪し,血栓症誘因の一つとなることが知られている。今回,われわれは感冒を契機に脳静脈洞血栓症を発症し,開頭減圧術と術後エクリズマブ投与で救命し得たPNH症例を経験したので報告する。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る