<< 一覧に戻る

コンサルテーション

抗ヒトPD-1抗体投与後に1型糖尿病を発症した2症例

今井健二郎納啓一郎大橋健

DIABETES UPDATE Vol.8 No.3, 30-34, 2019

近年,がん治療において抗ヒトPD-1/PD-L1抗体が脚光を浴びている。適応疾患の拡大傾向もある一方で,抗ヒトPD-1/PD-L1抗体投与後に関連した1型糖尿病の発症も報告されている。抗ヒトPD-1抗体関連1型糖尿病は重篤な状況に至ることもあるため,本稿では2つの症例1)を提示し概説する。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る