<< 一覧に戻る

Special Article 総説

疼痛制御におけるmicroRNAの役割

~疼痛関連分子の遺伝子発現制御と診断バイオマーカーへの応用~

濱田祐輔葛巻直子成田道子落谷孝広成田年

Locomotive Pain Frontier Vol.7 No.1, 24-29, 2018

慢性疼痛とは,その定義に絞り込むことも,もはや,あまり適格とは言い難い複雑な背景をもち,時間・空間的に多因子により制御を受ける疾病である。一方,小さな細胞間伝達物質であるmiRNAは,種を超えてゲノム上に保存される内在性の機能的核酸分子であり,標的遺伝子の後天的発現制御により,個体発生や生命維持,病態などのさまざまな生命科学において重要な役割を担っている。一方,近年,体液中を循環する“分泌型miRNA”の存在が同定され,疾患バイオマーカーとしての応用も期待されている。そこで本稿では,miRNAに焦点を当て,痛覚制御における多彩な役割と将来的な診断応用への可能性について概説する。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る