<< 検索結果に戻る

術後の遺残疼痛について

―足(下肢,外反母趾)―

Locomotive Pain Frontier Vol.6 No.1, 48-50, 2017

外反母趾に対する第1中足骨骨切り術による侵害受容性の疼痛は,術後1~2週間で軽減する。しかし骨切り部を約1ヵ月間免荷するため,術後2ヵ月頃から骨萎縮に伴った前~中足部痛が出現することがある。また術後6ヵ月以降の前~中足部痛は,術後に生じた第1中足骨の変形に起因する可能性がある。したがって外反母趾術後遺残疼痛に対しては,術後経過期間によりその原因が異なることを踏まえた上で治療を行う必要がある。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録