<< 検索結果に戻る

慢性疼痛の認知行動療法

―第三世代(マインドフルネス)を中心に―

Locomotive Pain Frontier Vol.6 No.1, 26-31, 2017

認知行動療法は慢性疼痛への治療法の一つとして注目されている。なかでも第三世代認知行動療法は新世代の治療法として期待されている。本稿は第三世代認知行動療法の鍵であるマインドフルネスに焦点を当てその効果と課題を含め紹介した。第三世代認知行動療法は第二世代認知行動療法とアプローチ法が異なるものの同程度の治療効果を示した。課題としては効果検証について今後より質の高い研究によるさらなる検討が望まれる。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録