<< 検索結果に戻る

メカノトランスダクションと触覚性疼痛

Locomotive Pain Frontier Vol.6 No.1, 20-24, 2017

やさしい触刺激が耐え難い激痛になる触覚性疼痛は,神経障害で生じる難治性疼痛の一つであり,いまだ効果的な治療法は確立されていない。新たな治療法を模索する上で,疼痛を惹起させる触覚検出機構に注目することは重要である。この機械刺激検出に不可欠なメカノトランスダクションチャネルの研究成果を中心に,次第に明らかにされてきた異常痛成立機序に関する最近の研究動向について紹介する。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録