<< 検索結果に戻る

Q2 こむら返りの治療について教えてください。

Locomotive Pain Frontier Vol.5 No.1, 50-51, 2016

下肢静脈瘤などの原疾患がない場合は,漢方(芍薬甘草湯),筋肉のストレッチなどの保存的治療が中心です。
「はじめに」こむら返りは,主に下肢に生じる有痛性筋痙攣で,高齢者の有病率が高く症状が夜間に起こることが多いため,睡眠障害などのQOL低下の原因となります1。臨床像は,筋疲労や,発汗・脱水によって健常者にも生じますが,基礎疾患を有するものも多く,その原因疾患は多岐にわたります(図)。有病率は加齢とともに増加し,65歳以上では半数以上が発作を経験しており2,そのうち62%が夜間に発生することも大きな特徴であるといえます3

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録