<< 一覧に戻る

座談会(Round Table Discussion)

関節リウマチにともなう痛み

竹内勤山中寿田中良哉田口敏彦

Practice of Pain Management Vol.3 No.3, 6-15, 2012

はじめに
田口(司会) 本日は「関節リウマチにともなう痛み」をテーマに座談会を行います.関節リウマチ(Reumatoid Arthritis;RA)治療のエキスパートとして日本を代表する3人の先生をお招きして,RA治療について「痛み」という切り口からお話を伺います.東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター所長の山中寿先生,産業医科大学医学部第一内科学講座教授の田中良哉先生,慶應義塾大学医学部リウマチ内科教授の竹内勤先生におこしいただきました.
 近年,「疾患の一症状ではなく痛みそのものを疾患として捉える」という考えのもと,慢性疼痛治療に取り組む動きが,医学界のみならず,国の政策としても進められるようになりました.そこで,RA治療の領域において,痛みについてどのように取り組まれているのかを考えていきたいと思います.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る