<< 一覧に戻る

Interview & Talk 施設紹介

愛知医科大学医学部学際的痛みセンター

牛田享宏

Practice of Pain Management Vol.1 No.1, 40-50, 2010

疼痛診療との出会い
 自分自身が怪我をして神経を痛めたことがきっかけで,神経に興味をもち,高知医科大学(現高知大学医学部)卒業後,同大学整形外科に入局しました.整形外科では脊椎外科のグループに入って電気生理の研究をしていました.そんなある時,痛みを電気生理学的に評価するという神経因性疼痛モデルの論文を読んで衝撃を受け,その論文の著者であるChung先生が所属するUniversity of Texas Medical BranchのWillis教授の教室に29歳から1年間留学しました.
 帰国後,徐々に研究の方向性が変わってきて,疼痛をメインにするようになっていきました.同時に,手術をしても芳しくない患者さんの疼痛管理を任されるようになりました.しかし,従来の整形外科領域の薬剤だけでは疼痛が改善しないことも多く,麻酔科にコンサルトすることもしばしばあり,整形外科医のみでの疼痛治療には限界があると感じていました.
 ちょうどそのころ,当時高知大学整形外科教授であった山本博司先生が日本整形外科学会の理事長に就任され,整形外科として疼痛の分野を立ち上げると提言されたことも,疼痛を専門としていくきっかけとなりました.その後,大学病院が専門外来の立ち上げをサポートするという環境のなかで,われわれは,麻酔科,精神科,整形外科を横断した集学的な痛みの外来が必要ではないかと考え,麻酔科の先生方と集学的慢性疼痛外来を設立しました.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る