<< 一覧に戻る

頭痛診療Q&A

Q2 睡眠関連頭痛とは何ですか

鈴木圭輔宮本雅之平田幸一

Headache Clinical & Science Vol.4 No.1, 45-47, 2013

「A」睡眠関連頭痛には,さまざまな病態・疾患が関与し,主に夜間睡眠中に発症する頭痛と起床時(朝型)頭痛がある.また睡眠関連頭痛では片頭痛,緊張型頭痛,群発頭痛などの一次性頭痛の他に二次性頭痛の鑑別も必要である(表1・2)1)2).片頭痛,群発頭痛や睡眠時頭痛は睡眠により誘発され3),睡眠時無呼吸症候群,不眠症,概日リズム障害や睡眠時随伴症などの睡眠関連疾患の存在は慢性頭痛の原因となる4).片頭痛発作は睡眠により軽減する一方で,睡眠中に生じる場合もある3).さらに,片頭痛発作は睡眠時間が短い場合だけでなく長すぎる場合にも生じる.このように,頭痛と睡眠障害は相互に深く関連している.朝方頭痛(morning headache)の原因として睡眠時無呼吸性頭痛は鑑別する必要がある(表3)5).機序として夜間の低酸素血症,高炭酸ガス血症,覚醒反応に伴う血圧上昇,睡眠の分断化などの関与が考えられている2).

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る