<< 一覧に戻る

頭痛をめぐる諸問題

The Asian Regional Conference for Headache

飯塚高浩

Headache Clinical & Science Vol.4 No.1, 35-39, 2013

「はじめに」頭痛をめぐる諸問題のなかで, 今回「The Asian Regional Conference for Headache」というテーマを与えられた. The Asian Regional Conference for Headache(ARCH)は2009年からアジア・オセアニア諸国を中心に開催されている国際頭痛会議である1). この度, Shuu-Jiun Wang教授を会長に台北で開催された第4回ARCH2)で口演発表する機会をいただき参加したので, 本稿では, 本学会報告を含め, 学会参加を通じて感じた頭痛をめぐる諸問題について述べる.
「ARCHとは」ARCHは, 国際頭痛学会のAsian Linguistic Special Interest Group(Chairman:坂井文彦日本頭痛学会理事長)の年次活動として公認されている国際学会であり1), 第1回が2009年に日本で, 第2回が2010年に韓国で, 第3回が2011年に中国で, そして第4回が2012年に台北で開催された.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る