<< 一覧に戻る

欧州血液骨髄移植学会(EBMT)

36th Annual Meeting of the European Group for Blood and Marrow Transplantation

2010年3月21日~24日 於 オーストリア・ウイーン

熱田由子

Trends in Hematological Malignancies Vol.2 No.3, 39-41, 2010

『はじめに』 今回で第36回を迎えるEuropean Group for Blood and Marrow Transplantation(EBMT)の年次総会は, 参加者は71ヵ国から3,820名(うち医師約3,000名)と造血細胞移植の国際学会では世界最大規模のものといえる. 総会プログラム構成は医師のプログラムの他に, 看護師のプログラム, およびデータマネージャーのためのプログラムが設けられている. 今年は2010年3月21日から24日にオーストリア・ウイーンで開催された[写真:愛知医科大学飯田美奈子先生(左)と初日に撮影]. 市街地からはずれた学会場のウイーンオーストリアセンター近隣に宿泊施設は少なく, どうしても市街地に宿泊することとなる. 歴史的建造物が立ち並ぶ市街地はまるで美術館の中のようであるが, その中を闊歩しながら学会場に通うことができる, というのはヨーロッパの学会ならではかもしれない. オープニングでのEBMTレクチャーでは, “Music and medicine”という, 音楽の都ならではのテーマでの話があった.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る