<< 検索結果に戻る

武蔵中原まちいクリニック

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.2, 40-44, 2017

「すべては患者さんに来てもらうためです」と笑いながら話す町井克行先生は,その言葉の一方で,神経疾患に悩む患者さんがどのような治療や支援を必要としているかを考え,患者さんの社会復帰のための「ハブ」の役割を担うために日々診療を続けている。今回は町井先生のリハビリや情報発信への取り組みについてうかがった。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

施設紹介 抄録