<< 検索結果に戻る

脳深部刺激療法(DBS)の作用機序

Frontiers in Parkinson Disease Vol.10 No.2, 28-31, 2017

視床下核,淡蒼球内節,視床などをターゲットとした脳深部刺激療法(DBS)は,パーキンソン病やジストニア,振戦などの運動異常症の症状を効果的に改善する。DBS は,ターゲット核から投射先への異常な運動情報の伝達を遮断することにより,症状を改善させると考えられる。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録