<< 検索結果に戻る

心因性パーキンソニズム

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.4, 30-34, 2016

心因性パーキンソニズム(psychogenic parkinsonism:PP)を含む心因性運動異常症(psychogenic movement disorders:PMD)を考える場合,まず「心因性」とは何を意味するのかを明らかにしておかないと始まらない1)。「心因性」と同義語のように,「機能性(functional)」,「非器質性(non-organic)」,「医学的に説明困難な(medically unexplained)」という用語も用いられているが,それぞれの定義や異同は明確ではない。このことに触れていない論考が多いなかで,Halletは「最近のPP」と題する総説2)において,PMDの基礎にある主な精神医学的診断として,転換性障害(conversion disorder),身体化(somatization),虚偽性障害(factitious disorder),詐病(malingering)を挙げている。「ヒステリー」という用語は避けられているが,現代ではヒステリーは身体面に現れる転換性障害と,意識面に現れる解離性障害に分けられており,本稿では前者の意味で「ヒステリー」を用いることにしたい。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録