<< 検索結果に戻る

パーキンソン病とニューロメラニン

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.4, 24-28, 2016

黒質緻密層に存在するニューロメラニンは加齢とともに蓄積する黒色の色素である。古くはドパミンなどカテコラミンの単なる代謝産物であると認識されていたが,そのはたらきには神経保護作用と神経障害作用の二面性があり,パーキンソン病の病態に深く関与している。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録